[PR]

 口永良部島の新岳が3年ぶりに噴火して、21日で1カ月を迎える。気象庁によると、噴火は断続的に発生しており、16日以降の噴煙は最高で1千メートルに達した。

 今月11日、全日写連会員の二宮忠信さん=姶良市=が噴火する新岳の様子を上空から軽飛行機で撮影。風で流された噴煙の上に、屋久島の山々が浮かんでいるように見えたという。(屋久島通信員・武田剛)