[PR]

 清掃や建設現場などで働く人々が着る「作業服」が変わってきた。灰色や紺色など地味な色が当たり前だったのは昔。スーツと見まがうものも登場し、人気を呼んでいる。背景にあるものは。

 東京都豊島区のタワーマンション。管理員の菊野哲二さん(66)は、白シャツに紺色のテーラードジャケット、細身のパンツ姿で玄関先の落ち葉をはいていた。実はこれは作業服。収縮性がある化繊製で動きやすく、「住人からすてきと言われる」と話す。

 この作業服は、都内で水道工事を手がける「オアシスソリューション」(東京都)が社員向けに開発し、関連会社が今年から販売しているものだ。農家やゴミ収集など幅広い現場で使われ、海外からも引き合いがあるという。

 開発に乗り出したのは、人手不足に悩んでいた2年前。当時社長だった関谷有三さん(41)は、実家も水道工事会社で、父のダボッとした青い作業服姿を、幼い頃から「格好悪い」と思ってきた。「平日夜に家族で外食に行くと、隣のテーブルのお父さんはスーツ姿。恥ずかしかった」。同社では市販品を使ってきたが、「業界の印象を変えられれば」と考えた。

 スーツ型を発案したのは、当時人事部にいた中村有沙さん(32)。「作業着での通勤は恥ずかしい」「営業の人たちは仕事後にそのまま遊びに行けていいね」との社員の声から思いついたという。

 発売後、ツイッターでは「作業…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら