【動画】解体が進むスペースワールド跡地のスペースシャトルの実物大模型=奥村智司撮影
[PR]

 昨年末に閉園したスペースワールド(北九州市八幡東区)の跡地で20日午前、スペースシャトルの模型の解体が進み、「オービター」と呼ばれる軌道船本体が撤去された。園のシンボルであり、街のランドマークだった「機体」は、轟音(ごうおん)と、見守る市民らの悲鳴の上がる中、ゆっくりと崩れ落ちた。

 大半の遊具や施設は、すでに他の遊園地などに譲渡されたり、解体・撤去されたりしている。スペースシャトル「ディスカバリー号」の実物大模型(高さ約60メートル)は譲渡先がなく、一時は存続を検討した市も、10億円と試算された費用がネックになって、引き取りを断念した。

 解体作業は19日に始まり、20日朝から本格的な工事に入った。アームの先に鉄骨カッターが付いた重機が、軌道船を片側から徐々に解体し、中の骨組みが丸見えになった。

 午前11時過ぎ、中ほどに亀裂が入った軌道船を、アームが横から押すようにすると崩落した。

 園のそばのマンションに住む主婦の中野敦子さん(64)はシャトルの立つ園を、部屋のベランダから日々、見てきた。この日、シャトルのそばで工事を見守っていると、急にものすごい音が鳴り響いた。「あれほど大きい物が倒れるのを見たのは初めてで驚いた。見届けられてよかったけれど、だんだん寂しさがわいてきた」と話した。

 閉園まで14年間、園で働いて…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら