[PR]

チャイニーズ・ラティーノ料理@ニューヨーク

 「まだ食べに行っていないの? 絶対に気に入るからさ」。7月にニューヨーク支局の同僚になったメキシコ系米国人のエディー(31)が残念そうだ。彼のお気に入りは、チャイニーズ・ラティーノ料理。中華料理が中南米の影響を取り込み、「進化」したという。160超の言語が飛び交うとも言われる「移民の街」、ニューヨークのジャクソンハイツに案内してもらった。

 マンハッタンのタイムズスクエアから地下鉄で30分ほど東へ。イーストリバーを越えると、そこに広がるクイーンズ地区の一角にジャクソンハイツがある。有色人種が圧倒的に多く、「ビザなしで行ける中南米」とも、「ビザなしで行ける南アジア」とも言われる。

 エディーが数カ月前から「試し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも