[PR]

 イスラエルに周囲を封鎖されたパレスチナ自治区ガザ地区に1台だけグランドピアノがある。幾度もの戦火をくぐり抜けたこの楽器が20年前に日本から贈られたものだったことを今月、日本外務省が確認した。自治政府は25日、感謝の思いを日本に伝えるため、日本人音楽家による住民向けの演奏会を開催した。

 日本の外務省関係者などによると、ピアノはヤマハ製で1998年、文化無償資金協力で自治政府に贈られた。ほどなく劇場や結婚式場などが入るガザ地区の民間施設に渡ったという。

 ガザ地区では2007年にイスラム組織ハマスによる実効支配が始まり、音楽イベントが「ハラーム」(忌避すべきもの)と見なされる風潮が強まった。長い間、ピアノが奏でられる機会はなかったという。

 13~14年、世界各地で楽器…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら