捨てられた茎で…「偶然の発見」から生まれた芭蕉和紙

有料記事

藤井宏太
[PR]

 捨てられる植物の茎を、紙として商品化できないか――。紙産業が盛んな愛媛県多年草「バショウ」の茎を使った「芭蕉(ばしょう)和紙」の研究が進んでいる。中心となっているのは、愛媛大学社会共創学部産業イノベーション学科の「紙産業コース」の学生だ。

 バショウは愛媛県の宇和島市や大洲市など、南予地域に自生している。家の庭に植えられていることも多く、盆の時期になると長さ30センチ以上の葉が家の棚飾りに使われる。

 ただ、茎は捨てられてきた。「これを有効活用できないか」。南予出身の学生が昨年、農学博士で紙産業について教えている准教授の福垣内暁(ふくがいちさとる)さん(45)に相談した。

 南予地域は和紙の産地。試しにバショウの茎で和紙を作ると、厚さ0・05ミリという極薄の和紙ができた。フィルムのような手触りで、力を加えるとパリパリと音がする。バショウの茎は他の植物より繊維が細いため、繊維をナノ単位(1ミリの100万分の1)まで細かくした新素材「セルロースナノファイバー」を従来より簡単に作れた。

 完成した和紙はティッシュや髪の毛の直径より繊維が細いが破れにくい。色づけしても濁らないほど鮮やかで、ペンで文字を書いてもにじまない。福垣内さんは「偶然の発見だった。若い学生の着眼点が良かった」と振り返る。

 この「芭蕉和紙」の商品化を…

この記事は有料記事です。残り482文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません