[PR]

 来年10月の消費増税に合わせて導入される軽減税率で、出版業界は出版物の税率を8%に据え置くよう求めている。ただ、性的・暴力的な表現で青少年に影響を与える本などについては区別するとし、これについては10%への増税を認めるとしている。出版界が自ら規制に乗り出し、表現の自由を脅かすのかと批判も相次いでいる。

 「酒類と外食をのぞく飲食料品…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら