拡大する写真・図版 20日、ホワイトハウスで報道陣からの質問に答えるトランプ米大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影

[PR]

 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件で、トランプ米大統領は20日、声明で「皇太子が(事件を)把握していたことは十分ありうる」としつつ、「我々は殺害に関する事実のすべては、知ることはできないだろう」と述べ、関与が疑われるムハンマド皇太子の責任を追及しない姿勢を鮮明にした。また、サウジを「偉大な同盟国」と強調し、関係維持を優先する意向を示した。

 複数の米メディアによると、米中央情報局(CIA)は、ムハンマド皇太子が殺害を命じたと結論づけたとされ、トランプ氏はすでにCIAのハスペル長官から報告を受けている。

 だが、トランプ氏は「情報機関がすべての情報の精査を続けている。皇太子が把握していたことは十分ありうる。知っていたかもしれないし、知らなかったかもしれない」と主張し、関与には触れなかった。

 また、「サルマン国王とムハンマド皇太子は、カショギ氏殺害の計画や実行を知らなかったと力強く否定した」と、サウジ側の主張を繰り返した。

 一方で、トランプ氏は「いかな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら