拡大する写真・図版 当麻寺の境内から見上げた二上山。左が雌岳、右が雄岳。雄岳山頂には大津皇子の陵墓がある

[PR]

標高959m・517m しんどさ★★★☆(奈良県御所市・葛城市 大阪府千早赤阪村・太子町など)

 大和からは「日没(ひぼっ)する山」、河内からは「日出(ひいず)る山」とされた二上山(にじょうざん)を目指し、大和葛城山(やまとかつらぎさん)から縦走した。2日かけて歩いた。

 初日は奈良県御所市の葛城山ロープウェイ乗り場近くから「くじらの滝コース」で登った。前夜の雨が残っていて雨具を着けた。大和葛城山頂まで距離は3キロ強、標高差は600メートルほど。ロープウェイだと6分で上れるが、2時間ほどかけて歩いた。

 山頂は360度の展望のはずだが、まだ霧雨が風に舞っている。予約しておいた葛城高原ロッジに入った。この季節のロッジ名物、かも鍋の夕食を楽しんだ後、山頂から大阪の夜景を見おろした。瞬く街の灯が途切れるところから闇になって大阪湾が広がる。

 長丁場になる2日目は快晴。午…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら