[PR]

AGC(旧・旭硝子) 島村琢哉社長に聞く

 品質をめぐる不正が、製造業で相次いで発覚している。原因と再発防止に必要なことは何か。子会社で不正が表面化したAGCの島村琢哉社長に聞いた。

 不正には各社ごとの事情があると思いますが、AGCの子会社で発覚した事例は、研究機関向けの実験器具について顧客と取り決めた検査をしていなかった、というものでした。

 クリーンルームで作り、製法も長年変わらないため、「状況は変わらない」との慢心がありました。検査の工程や項目を顧客と見直すべきだったのですが、それをせずに出荷を続けていました。「約束違反」にあたります。

 私たちは「品質、環境、安全、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら