[PR]

 中国のレストランで自動化が進んでいる。経済成長による人件費高騰に加え、衛生意識の高まりも自動化を後押しする。

 天津市で10日、ネット通販大手の京東集団が「未来レストラン」を開店した。客がスマートフォンで料理を注文すると、調理室では5台の調理ロボットが野菜や肉をかごに取り、レシピに従って炒めたり、揚げたりする。

 ロボットが作るのは酢豚や牛肉の炒め物、唐揚げなど中華料理40種類。できあがると配膳ロボットがテーブルに運ぶ。1皿30~50元(約480~800円)で支払いもスマホ決済だ。

 京東によると、料理の注文から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら