[PR]

アルプス電気 栗山年弘社長に聞く

 米国と中国の対立は、高い関税のかけあいに発展している。売上高に占める海外の割合が高い電子部品大手、アルプス電気の栗山年弘社長に、その影響を聞いた。

 報復関税の応酬による直接的な影響は、それほど大きくありません。連結売り上げのうち関税の対象は1%ほどです。

 とはいえ、サプライチェーンの見直しは検討しています。中国工場の生産ラインの一部を日本や韓国に移す交渉を始めています。

 我々が注視しているのは関税よ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら