経団連の元会長で、元住友化学社長・会長の米倉弘昌(よねくら・ひろまさ)さんが16日、肺炎で死去した。81歳だった。葬儀は近親者で行った。喪主は妻一恵さん。後日お別れの会を開く予定。

 住友化学が21日発表した。連絡先は同社総務部(03・5543・5001)。

 東京大を卒業後、1960年に住友化学工業(現・住友化学)に入り、2000年に社長に就任。サウジアラビアの国営石油企業と合弁で石油精製・石油化学の一貫プラントの建設に合意するなど、海外展開を本格化させた。09年会長に就任。この年には日米間の経済問題について米国財界側と意見交換する「日米経済協議会」の会長にも就いた。

 こうした国際的な経済活動と、故長谷川周重(のりしげ)社長らの財界活動を下支えした経験を買われて10年5月、御手洗冨士夫会長の後を受けて経団連会長に就任した。

 就任時には「経済成長の実行役である民間の力を高める」ことを目標に掲げた。同年7月の経団連の政策討議では、環境、介護、交通システムなど先端技術を集めた未来モデル都市づくりを提唱した。

 就任時から政権与党だった民主党との関係強化にも取り組んだ。12年末に発足した自民党の安倍政権には支援姿勢を打ち出したものの、経済政策への批判的な発言が尾を引いて関係構築に苦慮した。14年6月に経団連会長を退いた。