[PR]

 韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」の解散表明は、10億円を拠出している日本側の反対を受けたうえでの発表だった。韓国の世論に沿った方針からは、支持率の下落など文在寅(ムンジェイン)政権の余裕のなさもうかがえる。合意全体がどう扱われるのかも見えていない。

 韓国の与野党は21日、相次いで財団解散の発表を歓迎するコメントを出した。

 野党議員の一人は「外交的にはお話にならない措置だが、国民情緒にかかわる問題だから反対しにくい」と語る。外交省の元高官は「世論に迎合した結果だ」と話し、追い込まれた文政権は苦しい立場に置かれたと指摘した。

 昨年5月の発足以来、7割前後…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら