[PR]

 東日本大震災の最大の被災地、宮城県石巻市を仙台市と結ぶJR仙石線が今月、開通90年を迎えた。戦前は日本三景・松島への観光客を運び、戦時中に国有化された。戦後は、進駐軍の専用車両が走った時期も。そして震災。幾多のできごとをくぐりぬけ、仙石線は走り続ける。

 松島湾に臨む東松島市の陸前大塚駅のそばで、友野佳幸(よしゆき)さん(77)は28歳のときから理髪店を続けてきた。店の前を電車が通る。

 初めて外国人と接したのは仙石線の車中だった。海軍矢本飛行場(現・航空自衛隊松島基地)が米軍に接収され、先頭車は進駐軍専用に。一般車にいると米兵に手招きされてガムをもらった。恥ずかしげに「サンキュー」と言ったのを覚えている。小学5年の時だ。

 中学を卒業後、電車で仙台の理容学校に通った。時代は高度経済成長期に入り、仙石線は通勤や通学の足になった。「駅では扉ごとに学生バイトの『押し屋』が乗客を詰め込んだ。扇風機しかないから、夏にはみんな汗だくだった」

駅員にお金渡すと…

 かつては蒸気機関車も走ってい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら