[PR]

 日本海にある大和堆(やまとたい)周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で20日午後8時半ごろ、根室漁協(北海道根室市)のいか釣り漁船「第85若潮丸」(184トン)が、韓国海洋警察庁の警備艦から「操業を止めて海域を移動せよ」との無線交信を受けた。無線を確認した日本の海上保安庁は警備艦に対し、EEZ内でのこうした要求は認められないと通告した。

 第9管区海上保安本部(新潟市)が21日、発表した。9管によると、周辺にいた海上保安庁の巡視船が韓国警備艦に対し、日本漁船が操業可能な水域で要求は認められない、と無線で申し入れた。韓国警備艦が漁船に接近したため、巡視船はトラブルにならないよう漁船を保護したという。

 外務省は21日、外交ルートで20日夜に韓国側に抗議したと発表した。日韓漁業協定に反するとして、再発防止を求めている。日韓漁業協定は、境界線について両国が合意していない「暫定水域」では、相手国の漁船に対して関係法令を適用できないとしている。

外務省が抗議

 外務省は21日、日本海にある日本の排他的経済水域(EEZ)で、韓国の警備艦が日本の漁船に対し操業停止を求めたとして、20日夜に外交ルートで韓国側に抗議したと発表した。日韓漁業協定に反するとして、再発防止を求めている。

 日韓漁業協定は、境界線について両国が合意していない「暫定水域」では、相手国の漁船に対して関係法令を適用できないとしている。外務省は「警備艦が操業停止を求めることはできない」としている。