天皇、皇后両陛下が27日、私的旅行で静岡県に入った。午後に袋井市梅山を訪れ、ベトナムの独立運動指導者ファン・ボイ・チャウの活動を支援した医師浅羽佐喜太郎(あさばさきたろう)の石碑を視察した。今年は碑建立100年の節目。地元は盛り上がりをみせている。

 袋井市梅山の常林寺。境内に高さ約2・3メートルの碑が立つ。100年前、フランスからの独立を目指して日本へ留学生を送る「東遊(ドンズー)運動」を展開したチャウが、日本滞在中に世話になった佐喜太郎への追慕と、ベトナム独立への願いを込めて地元の人々と協力して建てたものだ。

 両陛下は昨年のベトナム訪問でチャウの記念館を訪れており、佐喜太郎とチャウの交流に感銘を受け、今回の視察も両陛下の意向で実現した。

 佐喜太郎がチャウを支援したことは、当時フランスと友好関係にあった日本の意向に反するものだった。そのため子孫らは長い間積極的に語らず、功績が広く知られることはなかった。

 「埋もれた歴史に光を当てて下さり、佐喜太郎も喜んでいるのでは」と中村真典(しんてん)住職(54)は話す。住職となった約20年前は、碑の周囲も手入れが行き届いておらず、地元でもあまり知られていなかったという。

 2001年ごろ、ベトナム人留…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら