[PR]

 佐藤天彦名人(30)への挑戦権を争う第77期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の5回戦、羽生善治竜王(48)と阿久津主税八段(36)の対局が21日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、羽生竜王が79手で勝ち、リーグ成績を4勝1敗とした。敗れた阿久津八段は0勝5敗となった。

 羽生竜王はこの対局で通算2000局を達成。将棋界では7人目で、プロ入り後32年11カ月、48歳での達成は、谷川浩司九段(56)の37年8カ月、52歳を抜き、最速・最年少記録となる。通算成績は1417勝581敗2持将棋(勝率0.709)で、達成者のうち、ただ一人、勝率が7割を超えている。

 羽生竜王は終局後、「長くやってきた積み重ねとして、たくさん対局する機会に恵まれて非常によかった」と話した。

 他の達成者は、達成期間が短い順に、谷川九段、中原誠十六世名人(71)、加藤一二三九段(78)、故大山康晴十五世名人、内藤國雄九段(79)、有吉道夫九段(83)。歴代最多対局数記録は加藤九段の2505局。(村上耕司)