[PR]

 投打の「二刀流」で大リーグをわかせ、アメリカン・リーグ新人王にも選ばれたエンゼルスの大谷翔平(24)が22日、東京都千代田区の日本記者クラブで帰国会見に臨んだ。「1年間充実していて楽しかった。終わってみたらいいシーズンだった」と振り返った。

 大谷は前日の21日、米ロサンゼルスから成田空港に到着。手術をした右ひじの状態については、「最初の1カ月は右手が使えなかったが、(手術から)2カ月弱たち、今は不自由なく生活できている。やってよかったと思う」と、順調な回復ぶりをうかがわせた。

 3月のオープン戦では結果が出ず、イチロー(マリナーズ)にアドバイスを求めたことも明かした。「なかなか思い通りにプレーができず、一番経験している方に、お話をうかがいたかった。そこから気持ちも技術もより進歩できた」と大先輩に感謝した。(山下弘展)