【動画】9人暮らし住宅全焼 福島小野町=熊倉隆広撮影
[PR]

 21日午後11時ごろ、福島県小野町飯豊、無職塩田恒美(つねよし)さん(61)方から出火、木造一部2階建ての住宅と倉庫が全焼し、住宅の焼け跡から7人の遺体が見つかった。県警によると、塩田さん一家は4世代9人暮らしで、うち子ども4人を含む7人と連絡が取れていない。県警は遺体の身元の確認を進めている。

 県警田村署によると、連絡が取れていないのは、塩田さんと母(81)、長女(30)、長女夫婦の小学3年の長男(8)、いずれも保育園児の次男(6)と長女(4)、三男(3)。塩田さんは足が不自由だという。

 塩田さんの妻(57)は避難し、生存が確認されている。長女の夫(33)は出火当時、外出しており無事だったという。火元は住宅とみられ、7人の遺体は損傷が激しく、1人は浴室、残りの6人も全て住宅内で見つかった。近所の人によると、妻は避難直後、「寝室から火が上がっていた」と話したという。

 田村消防署によると、近所の女性が21日午後11時7分に「塩田さん方が燃えています」と119番通報。消防車両など計40台、署員や消防団員らのべ218人が出動し、約1時間後の22日午前0時すぎに鎮火した。県警と消防は現場検証して出火原因などを調べる。

 連絡が取れない園児3人が通う飯豊ひまわり保育園の臨時職員の女性(50)は「昨日も母親に連れられて帰る子どもが、『バイバーイ』と言って、元気に手を振ってくれた。こんなことになって言葉が出ない」と語った。小3の長男が通う小野町立飯豊小学校の橋本幸夫校長は「友達にも親切で気持ちの優しい子。無事を祈っている」と話した。

 現場は、小野町役場から北に約3キロで、住宅や田んぼなどが点在する地域。