[PR]

 アイデア鍋料理のできを来場者が審査する第9回全国ご当地鍋の祭典「鍋―1(ワン)グランプリ」が12月2日、京都府笠置町の温泉施設「笠置いこいの館」前広場を主会場に開かれる。各地の店や団体が考えだした28種類の鍋料理が並ぶ。

 来場者は受付で投票券をもらい、いろいろ試食(1食300円ほど)した後、お気に入りに1票を投じる仕組み。昨年は約1万5千人が訪れ、茨城県北茨城市の旅館の「あんこう鍋」がグランプリに選ばれた。

 今年は初参加の鍋が六つ。焼いたネギや鶏肉に熱々のスープをかけた「鉄板焼鍋」(埼玉県鴻巣市)、「フルーツ鍋」(奈良県御所市)、「カレー風中華鍋」(京都府舞鶴市)などで、見た目も味も想像できないものもある。

 会場では、約30店が鍋以外の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら