[PR]

 19年間続いた「ゴーン時代」。その幕開けは、1999年のことだった。

 「どれだけ多くの努力や痛み、犠牲が必要となるか私にも痛いほどわかっています」

 45歳で、仏ルノーから日産の最高執行責任者に就いたカルロス・ゴーン容疑者。記者会見では、たどたどしい日本語でリストラ策への理解を求めた。

【動画】ゴーン容疑者が逮捕された事件の背景を1分で解説

 国内5工場の閉鎖、3年半でグループの14%にあたる2万1千人の人員削減――。「日産リバイバルプラン(再生計画)」と銘打ったリストラは、過去に例のない規模だった。

 改革は結果となって表れた。2001年3月期決算は過去最高益を記録。「まだほんの始まりだ」。強気な言葉の通り、その後も最高益を更新し続けた。

 バブル崩壊の後遺症から抜け出せずにいた日本経済にあって、「ゴーン流」は成功モデルの代名詞となった。業界に目を光らせてきた霞が関のベテラン官僚も「部材の調達費を安く抑えることに成功し、社員の無駄遣いも徹底して削った。死に体の日産をよみがえらせた」と手腕をたたえた。

     ◇

 「目標を達成すれば、ボーナスや出世にも反映される。今までの日産と違う」

 ゴーン容疑者が推し進めた「成…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら