[PR]

 生き物の不思議をテーマにした、放送中の連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」(フジ系、火曜夜9時)。主人公の相河先生を演じる高橋一生は、役を離れても、無類の生き物好きだそう。彼をライバル視する樫野木准教授を演じる要潤が見た、同い年の高橋一生の素顔とは。

 一生さんとは初共演なんですが、普段から生き物が好きだったり、山が好きだったり、本当に相河先生そのままのキャラクター。僕はそういう部分が全然ないので、普段話していても役のまま、自分は樫野木先生で、一生さんは相河先生という関係性に自然となっていますね。

 同い年で、正反対の性格。すごく刺激を受けています。一生さんは休みができたら、2、3日山に籠(こ)もったりするみたいで。なんかこう、僧侶っぽい。修行に出かけられるんですよ。一人でサバイバルで生きていけるって方なんで、男としてはあこがれる。1回か2回、お供してみたいなと。

 僕の地元の香川でいうと、結構な期間、剣山に行かれてて。「そこには秘密があって……」みたいなお話をされたり、本当に面白い。空海と同じ道をたぶん行ってるんですよ。空海が修行したという岩が剣山にあって、そこで岩と岩の間で座禅してたという言い伝えと同じことをしてたらしいんですよ。

 また、生き物で言っても、一生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら