[PR]

 名古屋大は2021年度の入学者を選抜する一般入試から、全ての志願者に一定レベル以上の英語力を出願資格として求めると発表した。大学入学共通テストで活用される英語の民間試験の成績か、高校の調査書などの記載内容で確認するという。

 国立大学協会は20年度以降の入試の共通テストで、英語の「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測るために民間試験の活用を決定。しかし、名古屋大は東京大と同様、民間試験の成績提出を必須としないこととした。調査書の記載内容などの詳細は、19年1月ごろに発表するという。