[PR]

 有価証券報告書に報酬を過少に記載したとする金融商品取引法違反の疑いで、東京地検特捜部に逮捕された日産のカルロス・ゴーン容疑者。「ゴーン流改革」の特徴のひとつが、大胆なリストラによるコスト削減だ。工場の閉鎖で生活が大きく変わった人は、ゴーン容疑者の逮捕をどう見たのか。

 「え?なんで?」

 東京都北西部の武蔵村山市。電気工事業の男性(45)は19日夕、仕事帰りの車内のラジオでゴーン容疑者の逮捕を知った。

【動画】ゴーン容疑者が逮捕された事件の背景を1分で解説

 同市はかつて、日産の村山工場があった「企業城下町」。男性は工場の設備工事を受注。会社の仕事はほぼすべてが村山工場の工事だった。「工賃は高いし、人の出入りも多い。仕事がさばききれずに、手伝いを呼んだこともあった」。ところが、ゴーン容疑者が打ち出した再生計画「リバイバルプラン」で、工場は閉鎖に追い込まれた。「一生日産の工場の仕事で食っていこうと思っていたのに」

 男性は村山工場の閉鎖後も、存…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら