[PR]

鹿島 押味至一社長に聞く

 人手不足が切実な問題になっている建設業界。大手ゼネコン、鹿島の押味至一社長に、現状と今後について聞いた。

 建設業では、技能を持っている人たちの高齢化が深刻です。今後、極端な減り方をしていくと懸念しています。一方で、新たにこの業界に入ってくる人は少ない。担い手の確保が急がれます。

 外国人材の受け入れ拡大が検討されています。それぞれの会社が、責任を持って預かる体制を作らなければいけないでしょう。受け入れ組織も、ちゃんとしていく必要があります。

 建設業で働く外国人には高度な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら