[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦のフランス杯は23日、フランス・グルノーブルで開幕する。22日は公式練習があり、大会に出場する本田真凜(JAL)が「好きな氷。いい感覚で練習できた」と好感触を口にした。

 約40分間、じっくりとリンクの感触を確かめると、取材エリアにやってきた本田は笑みを浮かべた。理由は、体の充実にある。「この1カ月で体重管理も、すごくしっかりできたと思う。あとは自分に自信を持って滑るだけ」

 今春から米国に拠点を移し、世界のトップスケーターを育てているラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事している。「陸上トレーニングの量が増えた。最初は筋肉が増えて、ジャンプが重い感じでなかなかうまくできなかった」。10月にあったスケートアメリカでは、ショートプログラム(SP)は4位と踏ん張ったが、フリーで崩れて総合8位だった。

 今大会に向けては、「だいぶジャンプも軽くなっていい感じ。スケーティングも、前はフワフワした感じがあって。軸が保てていなかった」。身につけた筋肉を、ようやく使いこなせるようになってきた。

 GPファイナルへの進出は厳しいが、「自己ベストを(SP、フリー)の両方で出せるように頑張りたい」と話した。

 本田は女子SP5番滑走。日本時間24日午前3時8分ごろ登場する。

 女子はほかに、NHK杯優勝の紀平梨花(関大ク)が6番滑走(日本時間24日午前3時15分予定)、同4位の三原舞依(シスメックス)は10番滑走(同午前3時48分予定)、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は最終12番滑走(同午前4時1分予定)で出場する。

 男子は、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)がSPの4番滑走(日本時間23日午後11時27分予定)で登場する。(吉永岳央)