拡大する写真・図版 子どもたちに本を読み聞かせるミスティー・ホリマンさん(右から2人目)=キャン・タルカイルマズ氏撮影

[PR]

 他国ですでに販売禁止になった医療機器を手術で体に入れ、体調の異変に悩む人たちの存在が国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の調査で明らかになった。機器のリコールや不具合の情報が、各国で十分に共有されていないことが背景にある。

 「私の体にはまだ、欠陥品の股関節が埋まったままだ」。韓国にあるごみ処理施設の元職員チョン・ソンホさん(47)は嘆いた。

 2008年7月、大腿骨(だいたいこつ)の壊死(えし)がわかり、手術で米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の子会社が製造する金属製人工股関節を手術で入れた。しかし、1年半ほどを経て、右足に断続的な痛みが出た。「足にずっと針が刺さっているようだった」。調べると、人工股関節が壊れ、大腿骨が削られていた。

 この機器は09年12月、不調…

この記事は有料会員記事です。残り1700文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1700文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1700文字有料会員になると続きをお読みいただけます。