[PR]

 2020年東京パラリンピックに向けて、国内外で活躍する歌手やパフォーマーらがパラスポーツ選手と一緒に競技の魅力を伝える「パラフェス2018」が23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)であった。

 日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)が主催し、今年で3回目の開催。パラサポのスペシャルサポーターを務める元SMAPの稲垣吾郎さん、草彅(くさなぎ)剛さん、香取慎吾さんも登壇し、約6千人の観客を盛り上げた。

 東京大会で活躍が期待されるパラ卓球や車いすフェンシングのトップ選手が真剣勝負を披露した。東京大会から正式競技となるパラテコンドーの星野佑介選手は「大きな舞台で試合ができてとても幸せ。東京大会はメダルを目指したい」。香取さんは「2020年は会場を観客で埋め尽くして、みんなで応援しよう」と呼びかけた。(斉藤寛子)