[PR]

 最新の遺伝子検査技術を使って、がんの治療法を見つける「がん遺伝子外来」が、筑波大学付属病院(つくば市)で今月からスタートした。患者のがん細胞の遺伝子変異を見つけ、そこからどんな抗がん剤などが有効かを提案する。全国に100以上ある国の「がんゲノム医療連携病院」に選ばれたためで、県内では初の取り組みになるという。

 同病院によると、慶応大学病院が実施している遺伝子検査法を使って、患者のがん細胞の遺伝子変異を調べる。従来の遺伝子検査は1度に特定の遺伝子しか調べられなかったが、この検査法は1度に160の遺伝子を調べて、個々の患者にあった抗がん剤などを見つけることができるという。

 がん遺伝子外来は毎週火曜日午後3時~5時。16歳以上の自分で歩ける程度の状態の患者で、がんか悪性腫瘍(しゅよう)と診断されたが、これまでの抗がん剤治療などで治っていない患者が対象。検査には現在の主治医の紹介状が必要で、検査費は保険適用外のため1回約75万円かかる。検査の結果、有効な治療薬が見つからない場合もある。

 これまで、がんは発症した臓器ごとに治療法が開発されてきたが、遺伝子解析が進み、遺伝子変異が同じなら違う臓器のがんでも同じ治療法が有効である場合もあることなどが分かってきた。同病院総合がん診療センターの関根郁夫部長は「がん遺伝子外来はこうした遺伝子診療の最新成果を踏まえて開設した。最善をつくしたい」と話す。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(三嶋伸一)