[PR]

 米ウィスコンシン州ミルウォーキー市で、銃規制を訴えていた中学生女子が撃たれて命を落とした。亡くなったサンドラ・パークスさん(13)は、銃による暴力の惨状を訴えた地元の作文コンクールで表彰され、ラジオ番組でも「暴力を止めないといけない」と語っていた。同市で今年殺害された子どもは7人目だという。

 地元ミルウォーキー・センチネル紙ら複数の米メディアによると、19日午後8時ごろ、発砲音を聞いた母親のベニースさんが娘の寝室に駆けつけた。サンドラさんは血を流して倒れていたが、直後は「ママ、わたし、撃たれた。警察を呼んで」と話すなど、意識はあった。病院に搬送される前に息を引き取ったという。

 サンドラさんは約2年前、同市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら