[PR]

 2月に急逝した俳優大杉漣さんが、最後の主演映画で演じた「教誨(きょうかい)師」。全国教誨師連盟には今月20日現在、1850人の宗教家が登録している。教誨師とはどんな仕事なのか。松尾神社(金沢市鶯町)の宮司で石川県教誨師会会長を務める松本昌丈さん(68)に聞いた。

 ――教誨とは

 教誨の「誨」は「親が子に言葉をもって教え諭す」という意味です。目的は被収容者の更生。神道は性善説で、人の道を踏み外してしまった人でも生まれつきの悪とは考えない。上から目線ではなく同等、あるいは下からくすぐるようにして人間性を学び直す手助けをする。罪を犯して不幸になる方を減らしたい一心でやっています。

 ――どんな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら