[PR]

 2025年大阪万博の開催決定をめぐり、誘致構想の旗を振ってきた前大阪市長の橋下徹氏が24日、読売テレビの報道番組に出演した。橋下氏は「大阪が今勢いづいてきている」などと強調。今回の誘致活動の結果と関連させつつ、自身の持論である大阪都構想の必要性を改めて訴えた。

 番組には、パリで開かれた開催地決定会合に出席した松井一郎・大阪府知事も現地から中継で出演。万博開催に向けて今後必要となる会場建設費などについて、「経済界も応分の負担をやるとはっきり言っていただいている。僕は安心しています」などと述べた。

 橋下氏は「(開催費用負担は)大阪、西日本を勢いづかせるために必要」と指摘。「万博誘致決定に『大阪問題』を解決する全てが含まれている」「負け癖のあった大阪が今勢いづいてきている」と期待を寄せた。

 さらに、大阪市を廃止して東京23区のような特別区に再編する大阪都構想についても触れ、「大阪府市が一つにまとまって力を発揮できた象徴例だ」として、改めて必要性を訴えた。(吉川喬)