[PR]

 千葉県大網白里(おおあみしらさと)市周辺の海岸や河口で9~10月、女性の遺体の一部が見つかった事件で、千葉県警は女性の長男で自称会社員の山田基裕(もとひろ)容疑者(37)=同県八街(やちまた)市八街ほ=を死体損壊・遺棄容疑で23日に逮捕し、24日に送検した。捜査関係者によると、容疑者宅の風呂場は事件後にリフォームされており、県警は車で遺体を捨てた上で、切断した痕跡などの証拠隠滅を図ったとみている。

 山田容疑者の逮捕容疑は9月26~27日ごろ、自宅で同居していた母容子さん(75)の遺体の頭部や手足を切断し、大網白里市や周辺に捨てたというもの。容疑を認めているという。捜索願は出されておらず、県警は単独犯とみて裏付け捜査を進めている。

 捜査関係者によると、山田容疑者の車が9月26日深夜~27日未明、遺体が見つかった沿岸部を走り、八街市内に戻った形跡が確認された。この後、自宅のリフォームが始まったという。

 容子さんの遺体は9月29日~10月8日、大網白里市のほか、近くの九十九里町と白子町で胴体、頭部、両足が見つかった。死因は分かっておらず、県警は山田容疑者が死亡の経緯も知っているとみて調べている。