[PR]

 鳥取市の鳥取港で今月7日に水揚げされ、1匹200万円の高値で競り落とされた松葉ガニ(雄のズワイガニ)が24日、「競りで落札された最も高額なカニ」としてギネス世界記録に認定された。甲羅幅14・6センチ、重さ1・28キロで鳥取県産の最高級ブランド「五輝星(いつきぼし)」にも認定されている。

 県が東京都内で開いたPRイベント「蟹取県(かにとりけん) 世界一カニサマ蟹謝祭(かにしゃさい)」でギネスワールドレコーズ公式認定員が発表した。

 カニは、地元で海産物を扱う「かねまさ・浜下商店」が落札した後、「PRに役立てて」と県に寄贈。鳥取港近くの「県立とっとり賀露(かろ)かにっこ館」の水槽で展示されている。

 浜下哲爾社長(48)は「競り落としたときはいき過ぎたかなと思ったが、県産カニが世界で認識される機会になった」。平井伸治知事はイベント会場で「『せカニ(世界)記録』です」と喜んだ。(横山翼)