[PR]

 トラブルになった相手に現金5千万円の支払いを求め、無理やり示談書に署名させたとして、大阪府警は24日、大阪弁護士会所属の弁護士、東(あずま)正人容疑者(50)=大阪市天王寺区=ら4人を強要の疑いで逮捕し、発表した。東容疑者は容疑を認め、「数万円の報酬をもらった」と供述しているという。

 捜査4課によると、東容疑者は自動車販売業の中城則幸容疑者(42)=大阪市生野区=ら3人と共謀。大阪市北区の東容疑者の事務所で4月29日、「署名せえへんかったらわかっとるやろうな」などと20代男性を脅し、損害賠償や慰謝料として現金5千万円の支払い義務があると認める示談書に署名させた疑いがある。

 中城容疑者らは、経営していたインターネットカジノ店をめぐって男性とトラブルになっていたという。東容疑者を除く3人は、男性を連れ去って暴行を加えたとする監禁致傷の罪で起訴されている。