[PR]

(25日、フィギュアスケート・全日本ジュニア選手権女子フリー)

 本田紗来(さら、11)は悔しさを晴らすように、リンク上で愛らしい笑顔を咲かせた。回転不足など減点はあったものの、全てのジャンプを着氷。女子フリーのみだと姉の望結(みゆ、14)=大阪・関大中=を上回る95・16点を記録し、「紗来にしかできないベビーフェースを演じられたのかな」と充実感を漂わせた。

 前日、ショートプログラム(SP)の3回転ルッツで転倒。通常ノービスではフリーしか演じないため、2日連続の競技自体が初体験だったが、1日で立ち直って見せた。復活を支えたのは、姉の真凜(17)=JAL=の存在だ。

 「邪魔しない方が良いと思った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも