[PR]

 大声で2時間超にもわたり叱り続けるなどのパワハラや長時間労働が原因で適応障害になったとして、長崎県内の40代男性が、勤めていた広告制作会社側に損害賠償などを求めた訴訟。今月7日に長崎地裁で判決が言い渡されるのを前に、男性が取材に応じた。

 「無理だ。もうやっていけない」。2014年7月11日、男性は会社から帰宅後に泣き出した。妻らが病院に連れて行った。診断は適応障害で、休職することになった。

 男性は東京で約10年間、デザイナーとして活動した。長崎の広告制作会社に就職が決まり、骨を埋めるつもりで移住した。

 男性と上司、派遣社員の3人だけの職場。環境が一変したのは、上司が代わった13年春のことだった。

 「何やその目つきは。お前は腹…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら