[PR]

 シリア国営通信は25日、シリア北部アレッポの住宅地で24日夜に有毒ガス弾を使った砲撃があり、107人が呼吸困難を訴えて治療を受けていると報じた。これを受け、アサド政権を支援するロシア軍は25日、砲撃をしたとされる武装勢力に反撃の空爆を加えたことを明らかにした。反体制派が最後の大規模拠点として政権軍と対峙(たいじ)する北部イドリブ県の情勢に影響を与える可能性もある。

 国営通信によると、アサド政権は国連事務総長などにあてた書簡で、「テロ組織から塩素ガスを使った数十発の砲撃があった」としている。反体制派の在英NGO「シリア人権監視団」も25日、24日夜にアレッポ西部への砲撃があり、94人が呼吸困難の症状を示したと発表した。現場に近いイドリブ県の反体制派武装組織「国民解放戦線」の報道官は25日、朝日新聞の取材に「我々は24日にアレッポに攻撃はしていない」と疑惑を否定した。

 ロシアのインタファクス通信によると、ロシアのコナシェンコフ国防省報道官は25日、「ロシア軍は化学兵器を使ってアレッポ市民を砲撃したテロリストの陣地に対し攻撃を加えた」と明らかにした。すべての目標物が破壊されたという。

 砲撃を受けたとされる場所は、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら