[PR]

 飲酒運転で男性をはねて死亡させて逃げたとして、警視庁は26日、東京都北区王子5丁目、会社員小林晟也(あきや)容疑者(22)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)と道路交通法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで逮捕し、発表した。

 小林容疑者が酒気帯び状態だったことを知りながら同乗したとして、足立区舎人3丁目、会社員堀内広斗(22)と同区扇3丁目、アルバイト須田政樹(23)の両容疑者も道交法違反(酒気帯び運転同乗)の疑いで逮捕した。3人とも容疑を認め、飲酒運転の同乗を「これまでに5回ほどした」と話しているという。

 西新井署によると、小林容疑者は酒気帯び状態で乗用車を運転し25日午前0時40分ごろ、足立区江北1丁目の路上で横断中の近くの会社員吉田明弘さん(31)をはね、逃走した疑いがある。吉田さんは約1時間半後に死亡が確認された。3人は24日夜、都内の飲食店で飲酒し、小林容疑者の車で自宅に帰る途中だった。