[PR]

 浜松市のアクトシティ浜松で25日まで開かれた「第10回浜松国際ピアノコンクール」の演奏会への入場者数は2万2950人で、過去最多だった第6回大会を1851人上回った。

 コンクール事務局によると、14日間あった演奏のうちチケットが完売しなかったのは、5日間あった第1次予選の1日だけ。事務局関係者は「1次予選から完売が出たのは聞いたことがない」という。

 コンクールの評価が定まってきたことに加え、今回は日本人がファイナルに過去最多の4人進出し、県出身者も初めて、しかも2人が進んだことなどが理由とみている。

 また、昨年、直木賞と本屋大賞…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら