[PR]

 各国が出展するエリア。1970年大阪万博の「太陽の塔」のようなシンボルはあえてつくらず、大小さまざまな形のパビリオンを配置させることで世界の多様性を表現。各国が最新技術やアイデアを持ち寄り、課題の解決策を探る「実験場」というコンセプトをイメージして考えられた。

 エリア内には「空(くう)」と名付けた5カ所の広場も用意。2カ所の入り口と「空」をつなぐようにして、屋根がついたメインの通りをつくる。「空」ではイベントなどを開いて、世界中からの来場者が交流できる拠点にする。