[PR]

 人工島「夢洲(ゆめしま)」の最南端に位置するエリア。まだ埋め立てが終わっていないため、水面が出ている状態。その水面を生かしながら、網目状の通路を張り巡らせるようにしてつくり、来場者が歩いて水辺に親しむ空間を目指す。

 水上ホテルや各国の要人ら向けのレセプション施設も建設。会場の南西側には淡路島や明石海峡大橋などが望め、夕暮れ時には美しい瀬戸内海の景観も楽しめる。夜には花火や噴水、ライトアップなどによる演出イベントも計画され、美しい夜景が浮かび上がるという。