[PR]

 広島県福山市立動物園で飼育されているゾウの「ふくちゃん」は3年前、結核になった。症状が落ち着きいったん治療を終えたが、再発の可能性がある。動物園がクラウドファンディング(CF)で支援を募ったところ5日で350万円が集まり、首都圏や大阪にもその輪が広がっている。

 マレーシア・サバ州のボルネオ島で親とはぐれたところを保護され、2001年に福山にやって来た。動物園によると、現在国内で唯一のボルネオゾウ。推定20歳の雌で、体長は2メートルほどと小柄。頭のふさふさした毛と、笑っているような目を細めるしぐさが人気だ。

 ボルネオゾウの平均寿命は50~60年とされ、まだ若いが、15年秋から体重が激減し、翌年3月に結核と診断された。国内で治療例がなく、人の結核治療の専門医に尋ねたり、海外の文献を集めたりと試行錯誤しながら座薬や経口薬を与えた。飼育員は200錠近くのカプセルを一つずつ外し、薬を糖蜜や小麦粉、米菓子と合わせた団子にして毎日与えてきた。

 2500キロあった体重が300キロ以上減るなど一時は命の危険もあった。今年10月に投薬は終えたが、再発の可能性が残る。そこで冬用の暖房機器や結核検査キット、ストレス解消用のおもちゃの製作費用をCFで募ることにした。

 募集期間は10月1日から11月末だったが、最初の目標の150万円は2日目、次の目標の350万円は5日目で達成した。寺岡千佳雄園長は「支援が集まるか半信半疑だったので驚いた。しかも一般の方の少額な支援ばかり。予想外でした」と話す。

 支援者には金額に応じて、ふくちゃんの横顔のイラストをあしらったハンカチやデニムバッグ、園長が案内する園内一周ツアーなどの返礼を用意した。だが、返礼はふくちゃんと園職員のビデオレターだけで、返礼費用がかからない「全力応援コース」を選ぶ人も半数近くいた。

 CFを運営する「READYFOR」によると、大阪、新宿、横浜など遠方からの支援が目立った。「ツイッターで初めて知りました」といったメッセージも多数、寄せられた。担当者は「以前からふくちゃんを応援していたファンのコミュニティーもあって注目度が高く、そこに動物を支援しているCFのユーザーが加わった」と見ている。

 新たに目標金額に掲げた500万円も達成。28日午前現在では630万円超が集まり、「ふくちゃん、頑張って」「また会いに行くよ!」といった応援コメントも800件近く寄せられている。支援金は来夏の暑さ対策として、ミストシャワーなどの設置にあてる予定だ。寺岡園長は「ふくちゃんが安心して暮らせる環境を作っていきたい」と話している。(橋本拓樹)