[PR]

日曜に想う

 日産のカルロス・ゴーン前会長の逮捕とはなにか。それを読み解く視点には2種類あるようだ。

 一つはグローバルな視点。彼の失墜でビジネスエリートの強欲の一端が明らかになった。今日の経済的不平等についてあらためて考えずにはいられない。

 もう一つはナショナルな視点。フランスのビジネスマンに助けられた日本企業が、その支配から逃れようとしているというドラマ。そこに日仏の企業文化や捜査手法の違いまで読み込み、ときに両国のせめぎ合いという話にも及ぶ。

 フランスでも二つの読み解きが登場している。

 もともとグローバル化に批判的…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら