[PR]

 神戸市立王子動物園(同市灘区)のアジアゾウ2頭に熱い視線が注がれている。20年以上神戸で暮らす雄のマック(26)と、マックとのお見合いのため今夏に宮崎県からやってきた雌のみどり(18)。2頭は互いに距離を縮めつつあり、関係者は恋の成就に期待を寄せながら見守っている。

 マックは1992年にスイスの動物園で誕生。阪神・淡路大震災後の95年3月、2歳のときに王子動物園へやってきた。大きな体と愛敬のあるしぐさで市民や来園者に人気がある。

 一方のみどり。タイで生まれ、4歳で宮崎市フェニックス自然動物園へ。13年を過ごした後、マックとの「縁談」が持ち上がり、7月に王子動物園へきた。宮崎でパートナーの雄、たいようが2014年に先立ってからは、1頭で暮らしていた。

 ゾウはコミュニケーションを大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら