12年目の「ミシュランガイド東京」おにぎり店も初掲載

[PR]

 日本ミシュランタイヤは27日、飲食店と宿泊施設を星の数で格付けする「ミシュランガイド東京2019」を発表した。最高ランクの三つ星の飲食店は13軒、二つ星52軒、一つ星165軒。星付きの飲食店の合計数230は、パリの118軒を上回り、世界一という。

 料理のジャンルが幅広いのが東京の特徴といい、一つ星には「Sobahouse金色不如帰(こんじきほととぎす)」(新宿区)などラーメン店3軒が入った。また、星はつかないものの、5千円以下で質の高い料理を出す店を「ビブグルマン」として254軒紹介。今回、台東区の「おにぎり浅草宿六(やどろく)」が、おにぎり店として初めて選ばれた。

 飲食店は、もっぱら料理について、素材の質、技術の高さ、独創性などの観点で評価している。東京版の発行は12年目。三つ星は「そのために旅行する価値のある卓越した料理」で、銀座のフランス料理店「ロオジエ」が9年ぶりに返り咲いた。

 日本料理店「かんだ」(港区)、フランス料理店「カンテサンス」(品川区)、「ジョエル・ロブション」(目黒区)、すし店「すきやばし次郎本店」(中央区)の4軒は12年連続で三つ星となった。

 ガイドは11月30日に全国の書店などで発売される。

三つ星の店

麻布 幸村(日本料理)=港区

臼杵(うすき)ふぐ 山田屋(ふぐ)=港区

神楽坂 石かわ(日本料理)=新宿区

かんだ(日本料理)=港区

カンテサンス(フランス料理)=品川区

虎白(こはく、日本料理)=新宿区

ジョエル・ロブション(フランス料理)=目黒区

すきやばし次郎本店(すし)=中央区

鮨 さいとう(すし)=港区

鮨 よしたけ(すし)=中央区

まき村(日本料理)=品川区

龍吟(りゅうぎん、日本料理)=千代田区

ロオジエ(フランス料理)=中央区