(魂の中小企業)指と、おっぱいと、笑顔と(後編)

有料記事

[PR]

 ケガや病気で指や胸をなくしてしまった方に、心をこめて、つけはずしができる人工の指やおっぱいをつくる。

 いま、そんな「エピテーゼ」づくりをしている田村雅美さん(36)。歯科技工士だった彼女がその道を進むようになった理由を、後編ではひもといていきます。

 では、前編の終わりのところです。2005年、田村さんがアメリカの「カリフォルニア大学ロサンゼルス校」、つまりUCLAを見学していたときに見た、あの光景から始めましょう。

     ◇…

この記事は有料記事です。残り3274文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載魂の中小企業

この連載の一覧を見る