[PR]

 びわ湖ホール(大津市)は26日、国内を代表する舞台芸術の劇場、新国立劇場(東京都渋谷区)と連携協定を締結した。協力関係を技術者などの人材の交流や育成にも広げ、舞台芸術の普及や発展につとめる。

 びわ湖ホールが他の劇場と連携協定を結ぶのは初めて。新国立劇場は札幌文化芸術劇場(札幌市)、東京文化会館(東京都台東区)に次いで3例目という。

 この日、びわ湖ホールであったロビーコンサートの後、びわ湖ホールの山中隆館長が協定書に署名。新国立劇場の畑中裕良(ひろよし)総務部長と握手した。山中館長は「東西を代表する劇場として連携し、日本の舞台芸術を発展させたい」。畑中部長も「両劇場が緊密な協力、連携を深め、舞台芸術の普及に協力していく」と抱負を述べた。

 びわ湖ホールの馬淵英明事業部…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら