[PR]

 美容目的の豊胸でジェル状の充塡(じゅうてん)剤を使った女性の間で、しこりや感染症などの合併症が相次ぎ、形成外科医らによる日本美容外科学会(JSAPS、正会員1220人)は1年以内を目標に、使用禁止などを盛り込んだ指針をつくることを決めた。国内では規制がないため、厚生労働省にも認可制などの仕組みを求める。

 充塡剤はゼリーのような素材で、管状の器具で乳房に注入する。化学物質のポリアクリルアミドと水を混ぜたものや、シリコーン、ヒアルロン酸などの素材が使われる。シリコーン製のバッグと比べ、充塡剤は全身麻酔が不要で傷が小さく、全国の美容クリニックで扱っている。

 学会は6~7月に形成外科医約4千人に充塡剤の使用に関するアンケートを実施。回答した132人のうち72人が計108件の合併症を診察していた。症状別ではしこりなどのかたまり44%、感染症22%、皮膚変化8%、変形6%など。

 豊胸の合併症を多く診療する野本俊一医師(日本医科大付属病院)によると、充塡剤は大胸筋を覆う筋膜と乳腺側の筋膜の間に入れる。その際に菌が入ったり、充塡剤が乳腺に入ったりすると、炎症などが起きる恐れがある。充塡剤が乳腺や大胸筋などに散らばると、すべてを取り出すのは難しいという。

 JSAPSの大慈弥(おおじみ)裕之理事長(福岡大副学長)は「充塡剤の豊胸目的での使用はやめるべきだ」と話す。

 別団体の日本美容外科学会(JSAS、会員975人)も昨年3月、一部の充塡剤による豊胸について、推奨できないとする声明を発表した。

 豊胸目的の充塡剤をめぐっては、米食品医薬品局は血管を詰まらせる危険があるなどとして使用を禁じている。流通した場合は押収や罰金などの措置を取る。日本では、豊胸目的で国の承認を受けたものはない。一方で、使用に対する規制がないため、医師が自由診療の中で使っており、流通量ははっきりしない。

 充塡剤を豊胸に使っている都内の医師は「バッグよりも胸が軟らかく仕上がるので患者の満足度は高い。問題を起こすのは技術のない医師で、いつ誰がどう施術したか登録する仕組みを作るべきだ」と話す。(富田洸平、編集委員・田村建二、梶原みずほ)

この記事は、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)に参加する朝日新聞、共同通信、NHKが共同取材しました。

■除去が難しい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら